本日の予約状況 ネット予約 SHOP

052-203-0701

電話受付時間:(月〜金)10:00〜18:00 完全予約制
       (土・祝)10:00〜17:00 休業日:日曜
※施術中は電話に出られないこともございます

MAIL

BLOGブログ

menu
2017.11.17

慢性疲労症候群(CFS)について

慢性疲労症候群(CFS)について

慢性疲労症候群。
皆さんこの病名を聞いて何を思い浮かべますか?
「慢性的な疲れ?」「それって病気なの?」
こんな印象を受けるかもしれませんが、近年特に注目されている原因不明の病気です。
別名を「筋痛性脳脊髄炎」とも言います。
慢性疲労とは全く違うものです。
厚生労働省の基準では、主な症状として2つが挙げられています。

①生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヶ月以上の期間持続ないし再発を繰り返すこと
②慢性疲労の原因と考えられるような疾病を除外すること

その他には、リンパ節の腫脹や、微熱、抑うつなどの症状が、持続または繰り返し生じるようです。
血液診断や画像診断では異変は見られません。
(詳しくは下記URLからご参照ください)

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/fatigue/fatigue03.html・生活環境ストレス・遺伝的背景・感染症・免疫異常・内分泌系異常・脳・神経機能異常など、様々な関与が指摘されています。いずれにしても、まず生体のバランスを整えることが、治癒・回復への近道になります。

漢方では補中益気湯、その他ビタミンCの服用または点滴なども有効とされています。
また、鍼灸の刺激により、生体バランスを整え、
自身に内在する自然治癒力を高めていくことも重要です。
その疲れ「もしかすると慢性疲労症候群かな…」と思ったら、一度お近くの病院で検査してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

院長 中川 英一

院長 中川 英一

中部治療院は笑顔の絶えない治療院です。ここが皆さまの心のオアシスとなれるよう、一治療家として一人間として日々技術と心を磨いています。皆さまに「元気になった」「キレイになった」「来て良かった」と心から喜んでいただけるよう、最高の技術とおもてなしで、心を込めて丁寧に施術をさせていただきます。

この記事のあとによく読まれている記事

ブログ記事一覧に戻る

カテゴリー別記事一覧

お知らせ

健康コラム

つぶやき

キャンペーン

メディア掲載

メニューのご紹介

商品ご紹介

ご紹介いただきました

TOP