本日の予約状況 ネット予約 SHOP

052-203-0701

電話受付時間:(月〜金)10:00〜18:00 完全予約制
       (土・祝)10:00〜17:00 休業日:日曜
※施術中は電話に出られないこともございます

MAIL

BLOGブログ

menu
2018.04.05

ヘルニアは怖くない

首こり・肩こり・腰痛の改善なら 針治療こんにちは!

今回はヘルニアについてお話します。

皆さんも耳にしたことがあるかと思います。

今やテレビや新聞、雑誌等でも紹介されているこの「ヘルニア」

「ヘルニア」と聞くと、激しい痛み・痺れなど良い印象はなく、恐れられていると思われますが、皆さんはいかがお思いでしょうか?

まずはヘルニアの定義から。

ヘルニアとは「体内の臓器が本来あるべき部位から逸脱している状態を差す」とされています。

決してヘルニア=病名ではありませんので、誤解しないよう注意して下さい。

これが場所によって「〇〇ヘルニア」と呼ばれるわけです。

「椎間板ヘルニア」は脊椎間で起こったヘルニア。

「鼠径ヘルニア」は鼠径部(股関節の前方)で起こったヘルニアを意味し、別名「脱腸」とも言います。

また「臍ヘルニア」と言うヘルニアもあり、これはいわゆる「でべそ」のこと言います。

このようにヘルニアにもいろんな種類があります。

特に世間一般で腰の悪い人=「椎間板ヘルニア」とお思いの方も多いと思われますが、実際の所、この「ヘルニア」が原因で痛みが出るとは限りません。

当院でも病院で腰椎の椎間板ヘルニアと診断され、腰に痛みを感じられて来院された方がたくさんいらっしゃいますが、施術後の痛みの軽減・改善を実感されています。

では痛みが軽減・改善された方の椎間板のヘルニアは元に引っ込んだのかと言いますと、おそらく引っ込んでいないでしょう。自然に戻ることもあるそうですが、まず手術でもしない限り一度出たヘルニアは元に戻りません。

ではなぜヘルニアが残っているにも関わらず、この方々は痛みが軽減・改善したのか。それはこの方々はヘルニアが原因で痛みが出ているわけではなかったからです。さらに言ってしまえばヘルニアは痛みの原因ではありません。あくまで「ヘルニア」は「飛び出た状態」を指しているだけです。実際に腰痛の約80%は原因不明と言われる研究報告もあります。

当院では基本的に痛みを誘発している緊張が高くなった筋肉に対して焦点を合わせた施術しています。特に鍼治療の場合、緊張が高くなった筋肉が深層であっても直接刺激を与えて、緊張を取り除く事が出来ます。施術中(鍼を刺す時)も痛みが伴うことは少ないですし、決して飛び出ている箇所(ヘルニア)に直接鍼を刺しているわけではありませんのでご安心下さい。

今の日本には、10人に1人の割合で椎間板ヘルニアと診断され、痛みに悩まされている方がいらっしゃると新聞で読んだ事がありますが、ヘルニアは怖くありません!

ぜひ一度、当院の東洋医学と西洋医学を折り合わせた鍼治療をお試しください!

 

 

この記事を書いた人

加藤 渉

加藤 渉

人の身体には元々、痛みや辛い症状を自然と治す能力「自然治癒力」が誰にでも備わっています。しかし食生活の偏りや仕事のストレス、生活環境の変化などにより、自然治癒力が低下し、治癒に至らないケースが多く見受けられます。治療家として、その低下した治癒力を鼓舞させる為の「最高のきっかけ作り」=「治療」をご来院下さる皆様にご提供し、笑顔溢れる生活のお手伝いが出来ればと思います。

この記事のあとによく読まれている記事

ブログ記事一覧に戻る

カテゴリー別記事一覧

お知らせ

健康コラム

つぶやき

キャンペーン

メディア掲載

メニューのご紹介

商品ご紹介

ご紹介いただきました

TOP