本日の予約状況 ネット予約 SHOP

052-203-0701

電話受付時間:(月〜金)10:00〜18:00 完全予約制
       (土・祝)10:00〜17:00 休業日:日曜
※施術中は電話に出られないこともございます

MAIL

BLOGブログ

menu
2018.05.23

時間が経過しても改善しないギックリ腰

首こり・肩こり・腰痛の改善なら 針治療こんにちは。

今回は先日いらした腰痛でお困りの方の症例報告をしたいと思います。

ネットからのご予約で、備考欄に腰痛で悩んでいると書いてありました。

実際に来院された時も明らかに腰をかばうような歩きや仕草がみられました。

40代の男性で症状は1週間ほど前から腰の痛みを訴えており、当初は持ち前の湿布を貼って対処していたそうですが変化がなく、整形外科を受診してレントゲンを撮ったが特に問題は無く、湿布を処方され腹筋をつけなさいと言われたそうです。

痛みを改善させる為に受診したのに、効果が無かった湿布を処置され、挙句の果てに腹筋をしなさいと…痛める前の段階として腰痛予防として腹筋をするのはいいですが、痛めている最中に腹筋をさせるのは無茶でしょう…

それはさておき、今回の経緯と問診でお伺いしたところ、

・痛みは1週間くらい前の朝起きた時から

・徐々に痛みが増してきた

・動作の動き始めに痛みを感じるが動き出してしまえば痛みは軽減する

・腰の真ん中に痛みを感じる

・思い当たる原因はない

・元々慢性的な腰痛などはないが、数年単位でギックリ腰を何回か経験している

・腰の痛みを感じ始めてから股関節の前側の付け根が痛むようになった

・現在の痛みは10段階中の8~9くらい

と気になるワードがいくつか出てきました。

今回の場合、痛めてからかなり時間が経過しており、ご本人は中々治らない今回の腰痛に不安を感じていらっしゃいましたが、触診・検査等をさせていただき、今のお体の現状をお伝えし、それに合う治療プランを提案させていただいたところ、鍼治療は初めてだけどそれよりも症状が良くなるのであれば!と快く承諾して頂けました。

施術中の写真がないので、院長が施術を受けている写真をイメージとしてご想像下さい(笑)

まず干渉波を使い、背部・腰部・臀部の表面から中層の筋肉のこわばりを軽減させ、超音波にて臀部と腰部の深層の筋肉を緩ませ、鍼パルス通電にて背部・腰部・臀部の筋肉を刺激し、左膝の裏、左外側のくるぶし、左足の甲にも鍼をしました。実は膝裏やくるぶし、足の甲に刺した鍼がポイントです。

なぜ腰痛と関係なさそうな足の方にまで鍼をしたのか。

転倒して腰を打った、交通事故やコンタクトスポーツなどによる外部からの衝撃、内臓器の問題やお薬による影響がない限り、立っている姿勢や歩行による負荷・衝撃はまず足に蓄積されます。その第一に負担がかかる足には痛みの根源となる圧痛店(反応点)というものが存在します。

今回の方はそれが上記3か所に現れていました。さらに左足の裏には皮膚の硬化=タコが右足よりも複数点在していました。これらの現象から今回の腰痛は左足由来の腰痛であると推測して治療していきました。

施術後、起き上がりの時点で痛みはなく、腰を回してみたり、ひねってみたり、足踏みしてもらいましたが、痛みなく全てできてました。

ご本人に痛みの程度を聞いたら10段階中1~2くらいになったとのことで、動きが軽快になっていました。鍼治療は初めてで、多少不安があったそうですが、鍼治療を選択して良かったと嬉しいお言葉までいただきました。もしまた痛めることがあったらお邪魔しますというお言葉まで頂きました(笑)痛めないように定期的に診させて下さいね!

時間が経過してしまった症状なども諦める前にまず一度当院までご相談下さい!

この記事のあとによく読まれている記事

ブログ記事一覧に戻る

カテゴリー別記事一覧

お知らせ

健康コラム

つぶやき

キャンペーン

メディア掲載

メニューのご紹介

商品ご紹介

ご紹介いただきました

TOP