本日の予約状況 ネット予約 SHOP

052-203-0701

電話受付時間:(月〜金)10:00〜18:00 完全予約制
       (土・祝)10:00〜17:00 休業日:日曜
※施術中は電話に出られないこともございます

MAIL

BLOGブログ

menu
2018.03.28

コリの正体

こんにちは!

今回は患者様からよく聞かれる「コリって一体何なの?」という疑問に対してお応えしたいと思います。

当院にも首のコリ、肩のコリ、腰のコリ、脚のコリで来院される方が多くいらっしゃいます。

「一日中立ちっぱなしだから」

「じっと机に座ってパソコンとにらめっこだから」

「運動不足だからスポーツジムで体動かして鍛えないと」

このように思う事は様々です。

コリというのは筋肉に力が入った状態を維持し続けたり(等尺性収縮)、伸びたり縮んだりを繰り返したり(等張性収縮)した結果、酸欠状態になり硬くなった筋肉・筋膜の事を指しています。

「コリ」=「筋肉」

決して突如生えてくるものではありません(笑)元々自分の組織の一つなのです。

しかし一生懸命筋トレして筋肉を付けないと!と思っても、しんどいのは目に見えて分かります。さらにコリが悪化しそうな気さえしますよね(-_-;)

あなたのコリが筋肉が硬くなった事によって発生したコリであれば、重たい物を背負って筋トレをするよりも筋肉を柔らかくすればいいのです。

そんな事は分かりきった事だ!と怒られそうですが、

筋肉を柔らかくする=コリを改善させるために大事なのは、筋肉に十分な酸素を供給させ、柔軟性を覚えさせる事です。

既述したとおり、繰り返し動作を続けていると筋肉も酸欠状態に陥ってきます。

血液の中には酸素が豊富に含まれており、この酸素を組織(筋肉)中に取り込むには血流を促す必要があります。

以前ブログでウォーミングアップの必要性

についてお話しましたが、その中でもストレッチ中は呼吸を止めないよう意識してくださいとお伝えしました。

これと同じ事で呼吸を意識したストレッチは筋肉の柔軟性を覚えさせる為には大変効果的なのです。

重い負荷で筋トレをする事が悪いわけではありませんので、誤解しないで下さいね。

当院ではそういったコリに対しての治療の場合、物理療法、温熱療法も駆使しながら電気鍼治療を施す事で血流の促進だけでなく、本来の筋肉の動きを体現させ、体に酸素を供給し柔軟性を覚えさせる治療を行っています。さらにストレッチの指導などもしておりますので、柔軟な体に興味がある方はぜひ一度当院へお越し下さい!

もちろんギックリ腰や五十肩などの急な痛みやしびれ、むくみ等でお困りの方も当院が心を込めて施術させて頂きます♪(^-^)

この記事のあとによく読まれている記事

ブログ記事一覧に戻る

カテゴリー別記事一覧

お知らせ

健康コラム

つぶやき

キャンペーン

メディア掲載

メニューのご紹介

商品ご紹介

ご紹介いただきました

美容コラム

TOP